onock のすべての投稿

M1 iMac 購入


3月下旬、iMac 21.5-inch, Mid 2011が逝ってしまいました。

音楽を聴きながらの作業中に
突然、電源が落ちて
その後、色々試してみましたが
二度とOSが起動することはありませんでした。
10年以上使ってきたマシンなので諦めました。
お疲れ様でした。

というわけで、10年ぶりにiMacを購入することになりました。

M1チップのiMacです。
ついに、Apple製のCPUになります。

思い返すと、
はじめて自分でパソコンを買ったのは
社会人2年目の2002年に発売されたiMac G4。

↓これね。

その時のCPUはPowerPC で、
IBMとモトローラが共同開発したCPUでした。
当時はOS Xと、
クラシック環境としてOS9が両方インストールされていました。

ソフトがあまりOS Xに対応しておらず、
クラシック環境で使用していました。


2007年にMacBookを購入。
Intel Core 2 Duo 2.2 GHz で、
Intel製のCPUが使われたMacでした。
(写真はジーニアスバーでバッテリー交換した時のもの)

今回故障したiMacは2011年に購入。
CPUがIntel Core i5 2.7 GHz のiMacです。
10年以上も、本当によくもってくれました。

そして、今回購入した4台目のMacは
CPUがApple製のM1 iMac となります。

急な買い替えになってしまいましたが
Time Machineでバックアップをとっていたので、
被害はあまりありませんでした。
強いて被害と言えば
M1 iMacでPhotoshop Elements 15が使えなかったので
2022版を新たに購入したくらいですね。

注文したのが3月29日。
商品の到着予定日が4月18日〜4月25日となっており、
しばらく待つかー、と思っていたら
上海がロックダウンになり
いつまで経っても発送されず
結局、届いたのが6月17日。

この間、Apple製品の値上がりがあり、
今このスペックで注文していたら
2万円くらい高くなっていた。
時間はかかったけど、3月に注文していてよかったです。

おかげで3ヶ月、何もできませんでしたけど。


やっと届いたiMac


こんにちは。


OSの起動、アプリケーションの起動、Photoshopでの作業、
全ての動作が早いです。
ストレージがSSDになっているので快適です。

このiMacは何年使えるでしょうか。

ふくふく亭を攻めっから。


今日のツーリングはひたすら国道2号線を西へ走ります。


目的地は宇部市にあるふくふく亭。
看板が衝撃的。
海鮮料理がメインのお店です。


「ぶっと巻き」を注文。


はみ出し方が良い感じ。


お寿司屋さんの鮨飯の味を思い出しました。
近所の回転寿司とは違うのがわかる。
味も量も満足です。

ここはいつか家族を連れて来たいです。

長生寺ツーリング


今日のツーリングの目的地は
三原を経由して
竹原にある長生寺です。


三原市役所前にある「もり翔」で腹ごしらえ。


もり翔は三原勤務時代に通っていたラーメン店です。


半チャーハン。

自分の好みとしては
もり翔のラーメンが一番好きといっても良いです。


そして竹原市にある長生寺へ。
ここは、伊予国の戦国大名、河野通直のお墓があります。


安らかにお眠りください。

今日は三瓶山を攻めっから。


GWはSR400で三瓶山まで走ってきました。

広島県民の定番ツーリングコースらしいですが
初めてきました。


道中の交通量も少なく
走りやすいルートでした。


壁紙用ピクチャ。(クリックで拡大)


今日の目当ては三瓶バーガー。


マジか。今、まだ13:00だぜ。


行列に並んでやっとありつけたぜ!
バーガーはテイクアウトして無料休憩所だぜ!
ケチってコーラは自販機なんだぜ!
食ったけど行列ができる理由はわからないぜ!

走行距離258.5km
所要時間9時間。

ツーリングの口実。


今日はお花見ツーリング。

目的地は人が多かったので、早々と帰りました。

お花見、食事、温泉、ラーツー、キャンツーなど
ツーリングの目的は色々あれど
結局、走っている時が一番楽しいのです。

今回は九州を攻めっから。(6日目)


九州ツーリング 最終日。
7:00起床。
起きると、頭がスッキリしていた。
昨日の体調の悪さは無くなっていた。

ホテルの朝食を食べて部屋に戻り、パッキングをしていると、
そのまま広島に帰るのがもったいなくなってきた。

しかし、今日帰らなければ、明日はどっちにしろ雨。

本来の最終目的地にしていた大バエ灯台に行きながら、
広島に帰る方法はただ1つ。

有料道路&高速道路を使えばなんとかいける。

一瞬悩んだが、ここまできたのなら、行くしかない。

大バエ灯台まで行けばほぼ予定のコースは走破したことになる。

今更、高速道路を使うのはチートだなんて言えない。
だって、初日に高速使って関門橋渡ってきたじゃないか。


急いでバイクに荷物を積んで、
8:40に佐賀市内のビジネスホテルを出発。

目標は12:00に大バエ灯台。
もう、迷いはなかった。
何より、頭がスッキリして昨日の体調の悪さは無くなっていた。

有料道路で順調に進む。
といっても単気筒なのでスピードは出せないため、
マイペースで時速80kmを刻んでいく。


10:30に道の駅、昆虫の里たびらで休憩。

平戸大橋、生月大橋を渡り、生月島へ渡る。


ここまでくれば、大バエ灯台までは目と鼻の先。


そして11:30にこの旅の最終目的地大バエ灯台に到着。
曇っていて景色はイマイチだが、達成感が溢れてくる。


生月島を一周して12:10に道の駅、生月大橋で休憩。

あとは家に帰るだけ。
高速道路を使ってひたすら広島へ。


17:00 めかりパーキングエリアに到着。
関門橋の写真を撮る。
さらば九州。
疲れた九州。

ここから山陽道に入るが、ここからが意外と長い。
だんだん体力が減ってきた。
なぜか雨も降ってきた。
何かと最後まで試練を与えられる旅だ。

ひたすらバイクで高速を走り続けて体が痛い。
高速を降りて家まであと少しというところで、
信号で止まるのがしんどい。
もう、バイクを足で支える力もあまり残っていない。
目の前の信号が赤なら、
できるだけスローで進み、止まらなくても良いように運転する。

20:10 無事に帰宅。
旅の終わりがちょうど体力の限界だった。

耐久レースみたいな旅になってしまったが
達成感が溢れている。

正直、楽しいだけの旅ではなく、
失敗、決断、雨の辛さ、バイクの楽しさ、景色の良さ、
たくさんの経験をした。

気持ちの浮き沈みも激しく、
興奮して寝付けない日もあった。

この歳になってこんな冒険・チャレンジができたことは
貴重な体験だった。

今日の走行距離578.5km

この旅の総走行距離2201.7km
一日の平均走行距離367km

今回は九州を攻めっから。(5日目)


九州ツーリング 5日目。
7:00 鹿児島市内のビジネスホテルを出発。

昨夜のホテルはエアコンも効いていて、最高に快適でしたが、
なぜか全く寝付けなかった。
これまでキャンプ3泊して
十分な睡眠をとっている感じもなく、
ホテルならぐっすり眠れると思っていたのに計算違いだった。

寝ようとすればするほど、目が覚醒してしまう。
最終的にはもう、寝付くことは諦めてとりあえず、
体が休めれられれば良いと思うようになり、
そのまま一睡もできず朝を迎えてしまった。

寝付けず多少の絶望感はあったものの、
体調は朝の時点では普通。
気を取り直して今日は指宿を経由して開聞岳を目指す。
鹿児島市内の朝の通勤ラッシュに巻き込まれて
市内を抜けるまでノロノロ運転。

8:15 道の駅、いぶすきで休憩。

9:20 開聞岳が綺麗に見えるという長崎鼻に到着。

1日目は「大分県の長崎鼻」でキャンプしましたが、
今日は「鹿児島県の長崎鼻」に立ち寄りました。
バイクは中まで乗り入れはできませんが、
お土産やさんの駐車場が無料だったのでよかった。
帰りに駐車場代がわりに飲料を買っていきました。
この日は快晴で、開聞岳がとても綺麗に見えた。


開聞岳と菜の花。

9:50 西大山駅に到着。
日本最南端の駅です。

ここで、体調に異変を感じ始めた。
睡眠不足のせいか、少し頭がふわふわする。
でも、各お店の入り口にある体温計では36度台なので熱はない。
明らかな睡眠不足。
九州ツーリングの前日からほとんど熟睡できてない。

近くのファミマで栄養ドリンクを飲んで出発。
今日は鹿児島県の出水市にあるキャンプ場で宿泊の予定。
出水市までは約150km。

そこを目指して走っている間、
明後日18日が雨予報(降水確率90%)なので
どうするか考えていた。
正直、昨日、土砂降りの雨の中走った辛さを考えると、
もう雨の中を走りたくない。
一日、沈殿日とすることも検討したが、
ホテルで2泊するのも勿体無いと思い、
予定を二日前倒しすることを決定。
つまり、明日帰宅する。

あと、最終的には体調が悪かったことも考慮した。

そして、明日帰宅するためには
今日は二日分の距離を走らなければならない。

明後日予定していた大バエ灯台は
コースカットもやむを得ないと判断。

今日の目標地は長崎県大村市か諫早市。

熊本市内はまん延防止等重点措置が解除されていないので
フェリーを利用して島を経由しながら向かう。

とりあえず、長島の蔵の元港からフェリーに乗って、
天草の牛深漁港へ。
そこから天草の鬼池港まで走り、
そこからまたフェリーに乗って、
長崎県の雲仙市にある口之津港を目指す。

今日中に口之津港まで行かなければ、途中にホテルはない。

体調不良と時間の不安を抱えながらバイクを走らせる。
まずは蔵の元港14:00のフェリーを目指す。

13:40 蔵の元港に到着。
まず、第一関門クリア。
フェリーの搭乗手続きを済ませ、
予定どおり14:00発のフェリーに乗船。

フェリーで、14:30に牛深漁港に到着。
今度はこの島の北側にある鬼池漁港を目指す。
次のタイムリミットは16:15。


15:45に鬼池漁港に到着。
ようやく安堵できた。

ここからのフェリーに乗っている間、
大村市と諫早市にあるホテルを探して電話をかけてみた。

ネットで調べた大村市と諫早市ホテルに
片っ端から電話してみても、
今日はどのホテルも予約でいっぱいという。
長崎県についたとしても、
今度はホテルがないという不安が頭をよぎる。

そうこうしている間にフェリーは口之津港に到着。
とりあえず、明日広島に帰ることを考慮し、
佐賀県方面にバイクを走らせることに。


諫早湾干拓堤防道路。

ここから佐賀市内までは100kmを超える。
徐々に日が暮れる。

さがレインボーロードという道を通って行きましたが、
国道からは離れていて、
周辺にはコンビニも民家も何もない道が永遠と続く。
随分寂しい道だった。
不安がさらに高まる。

19:00過ぎに鹿嶋市に到着。
セブンイレブンの駐車場でバイクを停め、
佐賀市内にあるホテルにも片っ端から電話をする。
やっぱり、今日は予約でいっぱいだ。

一体、今日は九州で何があるというのだ。

しかし、数件後、シングルはないが
ツインの部屋ならありますよ、というホテルがあった。

シングルは5000円だが、ツインなら6000円という。
もう、ここにするしかない、
ということでここからまた1時間バイクを走らせて、
20:15にようやく佐賀市内のホテルに到着。

もう、クタクタ。
風呂に入ってコンビニ弁当を食って、10:30に就寝。
今日は寝付けるか不安でしたが、
この日は落ちるように眠りについた。

本日の走行距離406km

今回は九州を攻めっから。(4日目)


九州ツーリング 4日目。
今日は佐多岬を経由して、鹿児島市内まで走ります。


今日は雨からのスタート。

4:00過ぎに目が覚め、その後寝付けなかったので、4:45に起床。出発前日からあまり熟睡できてないです。

雨は降っていなかった。
天気予報は曇りでしたが、
6時頃から雨が降る、ということだったので、
少しづつパッキングの準備を開始。

すると、ポツポツ雨の音が。
そこから猛スピードで準備する。
雨が徐々に強くなる。
バイクの近くにキャンプ道具など荷物を持っていき、
とりあえず、雨用カバーをかける。

そして、雨の中でのテント撤収。
急いでペグを抜き、フライを外す。
ポールは抜いたままそこらへんに投げておく。
テントシートからはみ出ないよう、急いで本体を畳む。
テント本体の濡れ方はまだ最小限だった。
そしてフライを畳む。
フライはそこそこ濡れていたが、
フライ用の袋が防水なので本体と一緒に袋にしまう。
ポールも急いで折り畳み撤収完了。

これらをツーリングバックに入れたいが、
どんどん自分が濡れていくので、急いでカッパを着ることに。
カッパの中が汗か雨かわからないくらい蒸れている。
暑い。
でも時は一刻を争う。
無駄な時間は荷物が雨に濡れることを意味する。
ようやく6:20にパッキング終了。

同時に雨でも走れる格好も準備オーケー。
今回、雨のアイテムはお守り程度にしか思っていなかった。
正直、使いたくはなかったがこの雨の降り方は本格的だ。
フル雨装備で出発。

まず目指すは佐多岬。
本格的な雨の中を進むのは初めてだ。
とにかく、上半身が蒸れて暑い。
路面が滑るのに細心の注意を払いながらゆっくり進む。
後ろからくる車は、全て先に行ってもらう。
途中大きな水溜まりにハマってしまった。
雨が止む気配はない。

結構な山道を進むので心細さが気分をさらに落ち込ませる。
もう、半分泣きたいくらいだった。

1時間くらい進んで佐多岬への道路標識が出てきて少し安堵。
空も少しずつ明るくなってきた。


そして8:20ついに本土最南端、佐多岬に到着。
その頃丁度雨も止んでいた。
この数時間は、ここ数年で一番辛い時間だっただろう。

佐多岬の駐車場で着ていたカッパ、上着を脱いで、
やっと蒸れから解放された。
いや、その頃は汗が冷たく体を冷やしていた。

朝の太陽に肌着を当て自然乾燥を図る。
バイク用上着は裏返してバイクの上で干した。
その間、泥だらけになっていたSR400をタオルで拭いて
見えるところだけ綺麗にした。

写真を撮ったりして1時間くらい佐田岬にいた。
Tシャツはまだ少し濡れていたが、後はもう体温で乾かそう。
カッパもしまった。
太陽もでている。

さあ、ここからは気を取り直して再出発だ。
桜島を一周しながら鹿児島市内を目指す。


11:30 道の駅、桜島に到着。


近すぎて、桜島なのかなんなのかよくわからない。


鹿児島市に向かう途中でとても綺麗な桜島が見えた。
やっぱり、桜島は遠くから見るものだな、と思った。

これまでの4日で、一番旅が楽しい。
今朝の雨が辛すぎたから、
余計に普通に走れることが楽しすぎる。
これを感じるために走りにきた、
と言ってもいいかもしれません。


ただ、天気が回復したのは良いですが、どんどん気温が上昇。
この日は気温が25度まで上がったらしく、
冬用のバイクウェアで走っていたため、
暑くて体力は奪われていった。

鹿児島市に入ってからまず、2輪館に寄った。
昨日ひんまがったブレーキレバーを新しいものに付け替えた。
ブラックがシルバーになったけど。

作業の間に今日泊まるホテルを予約。
そうです、今日はホテル泊なのです。
もう、モバイルバッテリーの残量もないので、
これ以上は連続でのキャンプ泊は無理。

鹿児島市内のビジネスホテルに到着。
古いが、キレイ。
何より、ホテルは快適。
まずシャワーを浴びてスッキリしました。


3月なのに今日の鹿児島市内は25.5度。

朝から色々なことがあっだが、今は快適です。
旅を満喫していることを実感している。

今日の走行距離295.4km

今回は九州を攻めっから。(3日目)


九州ツーリング 3日目。
昨晩は夜中に雨が降っていたので、バイクはずぶ濡れ。
テントはフライが頑張ってくれたので、
中は雨の被害はありませんでした。

それでも、ほとんど寝付けず、
朝の4時からどこに泊まるか探していた。
鹿児島県の志布志市から少し進んだところに
くにの松原キャンプ場という
550円で泊まれるところを見つけたのでネット予約しました。

キャンプ場を予約したことで逆に目が覚めてしまい、
結局、それからほとんど寝れず4:45に起床。

その時は雨も止んでいました。
屋根のあるところに荷物を移動させ、
フライやバイクを吹いたりして、パッキング。
また出発まで2時間かかってしまった。

出発は7:00。最初の目的地は高千穂峡です。


広島でいうと三段峡みたいな感じでした。

ここからは延岡経由で宮崎市へ。

海沿いを走る予定でしたが、
国道10号線からだいぶ離れてしまい、
よくわからないところへ出てしまった。

元のルートに戻ろうと走っていたら
ポケットからケータイが落ちた。
ケータイを拾ってどう行こうか悩んでいたら
立ちゴケしてしまった。
ブレーキレバーが曲がってしまった。

立ちゴケしたことで、だいぶん気分が落ち込んでしましましたが
バイクで走行中にケータイを落としたことに気づけたのは
奇跡だった。
気づかずにそのまま走っていたと思うと恐ろしい。
ブレーキレバーは旅の途中でも
バイク屋さんがあれば交換しよう。


堀切峠です。
ここへは学生時代に別府から自転車できたことがあります。


鵜戸神宮。


サンメッセ日南のモアイ像。


日南海岸を走るのは気持ちが良いです。


都井岬へやってきました。
灯台は改装のためしまっていました。


ここはJR日南線の終着駅、志布志駅です。
鹿児島県志布志市志布志町志布志にあります。


17時過ぎ、本日のキャンプ地、くにの松原キャンプ場に到着。


サッとテント設営し、シャワーを浴びに行きました。

晩御飯は鍋焼きラーメン。
飲食店には入らず、麺類ばかり。

今日はもうくたくたです。
早く寝よう。

本日の走行距離は329.9km